TOYAMA Quality

日本が世界に誇るバットの聖地が、富山県南砺市にあります。 そこでのバット作りは、原木の選定から始まります。厳しい目で素材を見つめ、洗練された指先の感覚を頼りに、素材の特性を生かすように丁寧に、一本のバットに仕上げていきます。 コンマ1mmの要望に応える妙技「手掘り」の技が光ります。 しかしながら、現在はバットも海外生産がほとんどとなり、 最盛期には10社あった工場も半分にまで減少。手彫りできる職人も数えるほどになってしまいました。B.C Worksは、富山の素晴らしい技を多くの人に伝え、バット作りの伝統を絶やさぬよう、微力ながらも応援していきたいと考えています。